江迎町:長崎県地域助け合いづくり事業(地域こまらん隊養成)に参加しました。

 平成29年11月20日(月)の13時から江迎地区公民館で、江迎町住民を対象に「江迎町こまらん隊養成講座」が開催されました。

今回の養成講座は、長崎県地域助け合いづくり事業として、長崎県及び、佐賀県三養基町で住民主体の移送サービスや居場所づくりを行われている認定NPO法人中原たすけあいの会の平野代表及び、私、佐世保市第1層生活支援コーディネーターの成冨が講演を行いました。

 まず初めに、長崎県福祉保健部長寿社会課地域包括ケア推進班の森下様から長崎県の現状及び事業説明を行って頂きました。

 次に、私から佐世保市の現状及び介護保険の移り変わりや、住民など多様な支え手が必要となる事をお伝えさせていただきました。

 今回の養成講座のメイン講師の平野代表から、外出支援と居場所づくりについて実践的かつ具体的な講義を行って頂きました。

ほとんどの地域で困っている事で挙げられるのが「外出支援」ということで、許可や登録を要する内容や、要しない内容についてお話していただきました。

安価なタクシーの代替え手段ではなく、本当に困っている方々の移動手段を確保する為に取り組みを行われているとの事でした。

取り組みを継続するには、人材やお金、保険など体制を整える必要があるので、すぐに実現することは難しいですが、本当に困っている方々が何人いるのか、具体的にどれくらいの支援がいるのかなど、明確にして一歩ずつ取り組みを進めていく事が必要であると言われていました。

 

最後は、参加者との質疑応答で、多くの意見交換が行われました↓

今回の養成講座は今後も継続する予定です。

今後もブログで報告を行いたいと思います。

生活支援コーディネーターへのお問い合わせは → こちら

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です