清水地域包括支援センター主催の平成30年度第1回地域ケア会議(つながるタイム)に参加させて頂きました

平成30年9月7日(金)清水地域包括支援センター主催の平成30年度第1回地域ケア会議(つながるタイム)に参加させて頂きました。

今回の会議は清水地区の第2層生活支援コーディネーターの村中コーディネーターが「地域づくりを考える」というテーマでお話を行われました。

その後参加者の皆様と共にグループワークを行いました。テーマは①地域の困りごと②地域のインフォーマル管理です。

これまで清水地域包括支援センターは、地域の住民の方々や、関係機関の皆様と、このような会議を積み重ねておられ、皆さん慣れた様子で意見を出し合っておられました。

意見を出し合っていただいた後にはグループ発表も行われました。

地域の方や専門家など、様々な視点が入ることで、地域にある社会資源を具体的に把握することができました。

川原センター長の発表!皆さん新たな気づきもあられたようでした^^

成冨生活支援コーディネーターからは、他地区の取り組みや今後の生活支援体制整備事業の進め方についてお話をさせて頂きました。

2025年を目処に地域包括ケアシステムの構築が望まれています。

そのために、生活支援コーディネーターは地域の皆様のお声を聞きながら、地域の実情に合った地域づくりのお手伝いをさせていただければと思います。

生活支援コーディネーターへのお問い合わせは → こちら

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です