令和元年度第3回北・大野・柚木地区生活支援サポーター定例会を開催しました

令和元年11月25日(月)、東ファーマシー株式会社にて、令和元年度第3回北・大野・柚木地区生活支援サポーター定例会を開催しました。

北、大野、柚木地区の生活支援サポーターが30名ほど参加され、一緒に活動していく仲間同士、和気あいあいとした雰囲気で情報交換が出来ました。

南地区の「てつだい隊」の取組を紹介して頂きました。

前回の定例会の振り返りを行った後、南地区自治協議会事務局長の糸永氏より、「てつだい隊」の取り組みについて紹介をしていただきました。

活動に至った経緯や、活動中に挙げられた課題などにも触れられ、参加された皆さんは糸永氏の話を熱心に聞かれていました。

その後の質疑応答では、活発な意見が出され、今後自分たちがサポーターとして活動していくイメージを持つことができ、大変有意義な時間となったようです。

次回の開催について

次回の定例会は2月に開催を予定しております。

今後も意見交換や勉強会を取り入れ、スキルアップを目指すとともに、サポーター同士の横のつながりを深め、安心して活動ができるように、引き続き活動の支援を行います。

 

生活支援コーディネーターへのお問い合わせは → こちら

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です