寿大学様へ「認知症サポーター養成講座」を開催しました。

 令和3年12月10日(木)大野地区コミュニティセンターで、佐世保市第一層生活支援コーディネーター成冨が、寿大学様へ「認知症サポーター養成講座」を開催しました。

認知症サポーター養成講座

 感染症対策が行われた会場で、認知症サポーター養成講座を開催しました。

・虫や小人が見える、レビー小体型認知症。
・反社会的な行動をとってしまう恐れがある、前頭側頭型認知症

など、一般的に知られている「物忘れ」以外の認知症症状があり、それらの症状は決して他人事ではない事をお伝えさせて頂きました。

その中でも、いざという時の備えとして、相談先や認知症疾患医療センター、認知症サポート医、そして、佐世保市が実施している認知症の事業の説明を行いました。

ご受講頂いた方から「どこに相談すればよいのかわかって良かった!」との声を頂きました。

認知症サポーター養成講座をご受講頂いたことで、認知症が身近な病気であり、偏見を持たず温かい目で見守り、自分なりに出来る簡単なこと(声掛けなど)から実践するきっかけになって頂ければと思いました。

最後に、地域の支え合い活動について、生活支援コーディネーターの取り組みをお話させて頂き、とても充実した時間を過ごすことが出来ました。

今後も、地域の皆様からご要望がありましたら、お話にお伺いしたいと思っています!!

ぜひ、わが町でも話してほしい!!という方はお気軽にご相談下さい。

生活支援コーディネーターへのご相談先⇒ こちら

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です