地域交流センターごちゃまぜ&集いの場花高の取組み

平成29年10/10(火)に宮共生会様が行われている「地域交流センターごちゃまぜ」を訪問させて頂きました。

相談支援センター「のぞみ」と放課後等デイサービス事業「チームごちゃまぜきっず」と共に地域交流を目的としたスペースの活用を行われています。

まず、放課後等デイサービス事業のスペースです。

個別で学習が出来るような配慮が行われています。

緑の芝生スペースも充実しています。

次は、地域交流スペースを活用し、「集いの場花高」サロン代表の北崎さんが、三川内町や波佐見町や江上方面の高齢者の方々の送迎を行い、百歳体操やレクリエーションを実施し、介護予防活動を行われていました。

北崎代表が参加者とともに、作り上げていく雰囲気はとても良く、みなさん素敵な笑顔をされていました。

宮共生会の尾崎事業所長に話をお伺いしたところ、

今後は障がい者福祉のみではなく、子供食堂や料理教室、認知症カフェ、学生ボランティアの活動の場へ発展させ、地域住民に活用してもらえるよう働きかけも検討されていると、前向きな姿勢を持たれている事をお伺いしました。

佐世保市内で、社会福祉法人とボランティア、住民が連携し、居場所づくりを行われている所はまだ少ないので、今回の取組みのように協働して行う事で、新たな取組みが生まれるよう、生活支援コーディネーターのマッチング機能を向上させたいと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です