田原町祝詞神社点灯式の様子を取材しました。

令和2年10月17日(土)18:00~田原町にある祝詞神社において点灯式が行われました。

祝詞神社はMR左石駅から徒歩5分、県立佐世保西高等学校の敷地に隣接しています。

秋の大祭は10/11、毎年、前日の前夜祭と合わせ、地区の祭り「大野まつり」として行われています。

しかし、今年度はコロナ感染症の影響で中止になってしまい、大野地域を少しでも活気づけたいと地域の有志の方が中心となり、今回の点灯式が行われることになりました。

清掃、準備、ライトアップされた鳥居

点灯式を始めるにあたり、9月に発足したばかりの地元の有志団体「大野栄える会」が中心となり9月27日早朝より清掃作業を行いました。

その後点灯式当日までは、地元のボランティア団体「もちつもたれつ会」が中心となり、神社らしい雰囲気になるようにとライトや提灯の調整を行ってきたそうです。

当日は天気にも恵まれ、ライトアップされた鳥居が見事に浮かび上がりました。

ライトアップ後は「もちつもたれつ会」によるくじ引きが行われ、参加された方は景品を手に喜んでおられました。

ライトアップは10月31日まで毎日(18:00~22:00)行われました。

くじ引きの様子、もちつもたれつ会の方々

「もちつもたれつ会」の方々は、今回の点灯式を機に毎年継続して行う予定との事で来年はもっとよくしたいと話されています。

地域を活気づけたい、地域のために役に立ちたいという思いを強く感じました。

「大野栄える会」と共にこれからの活躍がとても楽しみです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です