平成30年度第一回協議体を開催しました

 平成30年6月22日(金)の13時30分から、すこやかプラザ6階研修室で平成29年度第3回佐世保市第一層協議体を開催しました。

1.地域支え合い推進会議の目的・役割

 平成30年度からは、地域でサロン活動を実際に行われている生活支援サポーターの方を新たにメンバーとして参加して頂きましたので、改めて地域支え合い推進会議の目的及び役割の説明を行わせていただきました。

地域支え合い推進会議では、地域づくりの必要性を理解して頂き、介護予防活動の支援及び生活支援サービスの推進を行う事を目的に開催している事をお伝えし、ご理解いただきました。

2.生活支援コーディネーター活動報告

 第二層生活支援コーディネーターより、活動報告を行わせていただきました。

商店街と連携した地域づくりの推進や社会福祉法人の社会貢献事業との連携及び、実際に始まった地域活動について報告を行わせていただきました。

また、今年の7月からは、新たに第二層の生活支援コーディネーターが配置される予定は、以下の通りです。

これまでは自治協議会の27地区のうち、3地区の配置だったのですが、7月以降は21地区配置されます。

今後は、より、地域に根ざした支え合い活動の推進を図りたいと思います。

3.意見交換(ワークショップ)

 今回のテーマは、「地域のサロン・百歳体操等団体が行って欲しい支援とは?」についてワークショップを実施しました。

自由な意見を楽しく出し合う雰囲気で協議を行っていただきました。

協議を終えた後は、皆さんで出た意見の発表を行っていただきました。

行政や関係機関だけでなく、地域の自主活動の皆様の忌憚ないご意見を頂くことが出来ました。

今回も、数多くのご意見を頂くことが出来、今後の活動の大きなヒントを得ることが出来ました。

今回頂いたご意見を元に、佐世保市の支え合い活動の推進を図りたいと思います。

大変お忙しい中、ご参加いただいた皆様、大変ありがとうございました。

生活支援コーディネーターへのお問い合わせは → こちら

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です