日宇地域ケア会議に参加しました

 平成30年5月28日(月)に日宇地区公民館にて日宇地域包括支援センター主催の「日宇地区ネットワーク意見交換会~つなげよう、ひろげよう、わたしたちの町~」に参加させていただきました。

成冨生活支援コーディネーターから「これからの地域づくりのヒント」として、地域住民の皆様にお話している内容と、市内外の先進的取組の紹介を行わせていただきました。

その後、井福看護師より、多圏域サロンの視察報告を行われた後、グループワークの開始となりました。

地域貢献活動の必要性と、グループワークの進め方のお話をされる内野センター長。
地域づくりの熱意が伝わってきました!

グループワークでは、自由に意見が出しやすい雰囲気で、時には地域包括支援センターの職員さんがファシリテーションを行われていました。

最初はなかなか出なかったグループも、途中からは多くの意見が出ていました^^

今回は、介護保険サービス事業所の方の意見交換会でしたので、社会貢献として自分たちに何が出来るかという部分の意見をいただきました。

・一つの事業所で出来ることは限られるので、包括でイベント主催をしてもらい、そちらに協力をしたい。

・複数の事業所でサロン活動支援を持ち回りする。

・施設の若い職員を育てる為にも地域支援を行ってみたい。

・事故発生時の対応など難しいと感じる部分がある。

・地域貢献意識が高い事業主が集まるライオンズクラブやロータリークラブでこのような話をすれば多様な担い手が発掘できるのではないか?

など、大変貴重なご意見をいただきました。

日宇地域には、今年の7月から第二層の生活支援コーディネーターが配置予定となっています。

ぜひ、日宇地域包括支援センターの皆様、介護サービス事業所の皆様と一緒に多様な担い手で地域を支えられる体勢を整えていきたいと思います。

今回は、情報交換会へお誘いいただきまして、大変ありがとうございました。

 

生活支援コーディネーターへのお問い合わせは → こちら

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です