平成30年度第一回生活支援サポーター定例会を開催しました

 平成30年4月9日(月)の9時30分から、すこやかプラザ6階研修室1で、初めての生活支援サポーター定例会を開催しました。

生活支援サポーターの活動に期待されること

 まずはじめに佐世保市第1層生活支援コーディネーターの成冨から「生活支援サポーターの活動に期待されること」としてお話を行いました。

 主な内容は①地域支え合い推進会議(協議体)への協力依頼②できれば今後3年以内を目処に、サロン活動から生活支援へ発展する事が望まれている③佐世保市の介護予防・生活支援に関する補助金の使い方の例をお伝えしました。

今日何か提案をして明日から何かすぐ始めるということは難しいと思いますが、生活支援コーディネーターが活動の発展支援を行いたいと思っていることを伝えさせていただきました。

ワークショップ「生活支援サポーター定例会を楽しく実りのある会にするには?」

 生活支援サポーターは始まったばかりの取り組みとなり、これから生活支援コーディネーターとサポーターの皆さんが一緒に、地域の支え合い活動を推進する予定です。

なので、今回はサポーターの皆さんからの意見をお聞きして、次回以降、実りのある定例会になるように、今回のテーマは、「生活支援サポーター定例会を楽しく実りのある会にするには?」についてワークショップを実施しました。

主な意見は、レクリエーション講座を受けたい、取り組みの報告や共有の時間を持ちたい、困りごとについて解決策を考えたいという内容でした。

ぜひ、次回の定例会に取り入れて、実りある会議にしていきたいと思います♪

レクリエーション講座  

 定例会の最後には、もはや定番となった100のレクリエーションを持つ男!大峯生活支援コーディネーターによるレクリエーション講座を実施しました。

個人でできるものから、2人で楽しむレクリエーション、集団で行うレクリエーションを丁寧に教えていただきました!

今年度は、生活支援コーディネーターが少しずつレクリエーションを学べるようDVDを作成する予定です!

ぜひ、楽しみにお待ち下さい♪

 

生活支援コーディネーターへのお問い合わせは → こちら

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です