平成30年度第3回世知原地区地域支え合い推進会議に参加しました

 平成31年2月6日(水)に佐世保市社会福祉協議会世知原支所会議室で開催された、「平成30年度第3回世知原地区地域支え合い推進会議」に参加しました。

まずはじめに、成冨生活支援コーディネーターから生活支援体制整備事業についてお話をさせていただきました。

生活支援体制整備事業が始まった時代背景と、これから地域で活動を推進することが求められる、介護予防と地域の支え合い活動について、お話をさせていただきました。

 

参加者の皆様、真剣な眼差しでお話を聞いていただきました。

その後、畑原生活支援コーディネーターがワークショップの進行を行われました。

テーマは、社会資源を開発する具体的な方法と、目指す地域像と言う内容です。

 

社会資源を開発する方法では、買い物について今あるお店で移動販売を始めてもらったり、サロンの自主活動の場で御用聞きをしてもらい、サロンで買い物ができる仕組みを定着させるなど、とても前向きな意見の発表を行っていただきました。

 

目指す地域像では、三つのグループに分かれていただきました。

 

最終的に出た意見は

①どこでも買い物ができる町

②生きがいのある町 せちばる

③子供も高齢者も共に楽しめる私の地域

 

とても前向きな目指す地域像の発表を行われました。

 

来年度以降は、実際の助け合い活動の開発を行う予定です。

今回皆様からいただいたご意見を、一つでも地域の支え合い活動を実現できたらと思います。

 

生活支援コーディネーターへのお問い合わせは → こちら

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です