令和元年度第2回東部地区生活支援サポーター定例会を開催しました!!

令和元年11月8日(金)10時から11時30分まで広田地区公民館にて第2回東部地区生活支援サポーター定例会を開催しました。

東部地区の生活支援サポーターの方々にお声掛けをし、今回は15名の方々に参加頂きました。

今回は、各地区の生活支援コーディネーターの紹介と生活支援サポーター同士の自己紹介。そして、今まで実際にあった相談内容の紹介を行い、今後どのように活動していくかをお伝えする機会となりました。

自己紹介シートの記入!!

まずは各地区の生活支援コーディネーターが自己紹介を行い、生活支援サポーターの皆様と初顔合わせが出来ました。次に、生活支援サポーターの方々には、自己紹介シートの項目に沿って、自分自身の情報を記入して頂きました。

項目は、自分の得意なこと・苦手なことを自由に書いて頂き、そして、お手伝いできることの項目としては、見守りや買い物・ゴミ出し・掃除など項目を分け、項目ごとに、支援の回数や範囲、時間、支援内容など個人のできる範囲内の内容を記入してもらい、個人の自己紹介シートが出来上がりました。

記入後は各グループ内で自己紹介を兼ねて発表や意見交換をしてもらいました。

この自己紹介シートを今後の活動に活用させて頂きたいと思います。

今後の活動として!!

最後に、早岐地域包括支援センターの中村主任介護支援専門員より、現在、実際にあった相談内容などを紹介してもらいました。生活支援サポーターの皆様には、具体的な支援内容を聞かれたことで、今後の支援内容の目安になり、このような活動を生活支援サポーターが担っていく事なんだと知ることが出来たのではないかと思います。

また、今回自己紹介シートを活用して、生活支援サポーターの皆様の支援範囲の詳細や「できることがあれば地域の為に活動したい・協力したい」との思いを知ることが出来、とても良い定例会となりました。今後の支え合い活動に活かしていきたいと思います。

お忙しい中、お集まり頂いた生活支援サポーターの皆様、ありがとうございました。

今後も、宜しくお願い致します。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です